2010年03月13日

『ウェルかめ』第23週・第138話・3/13

倉科カナ 朝ドラ収穫はウェルかめ精神〜倉科カナ、民放ゴールデン連ドラ初出演
スタジオパークからこんにちは★倉科カナ

NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織

徳島県美波町を舞台に、一流編集者を夢見るヒロインの成長を描く・・海辺の町の青春ストーリー

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』9/28〜・・脚本:相良敦子

aiko、初のNHK朝ドラ主題歌を担当
NHK朝ドラ「ウェルかめ」ヒロイン・倉科カナ

ウェルかめ第23週「今までと違ってみえたとき」(3/8から3/13)

第138話・3/13

一平(武田航平)果歩(岩佐真悠子)から好きと告白され、あわててしまう・・・「好きよ・・だからどうしろっとは言ってないから・・」

一平(武田航平)哲也(石黒賢)に相談・・

「誰が見てもつりあわん・・頭はええよ・・医者じゃ・・」果歩(岩佐真悠子)とバレバレ・・

「つりあうかどうかはお前が決めたらええことじゃ、世間がどう思うと、お前のことを好きいってくれる人にはマジメに向き合わないといかん・・」

一平(武田航平)はその場で返事ができず、後日、手紙を書き、自分の気持を伝える

波美(倉科カナ)綾(田中こなつ)果歩(岩佐真悠子)の真相を探る

果歩(岩佐真悠子)

「医者はね、こんなことで動揺していられなにの・・今忙しいから、きるよ・・」

そこへ一平(武田航平)・・ため息をつきつつ登場・・

綾(田中こなつ)

「こら・・果歩は全然こたえてないみたいよ、あんたの手紙・・波美よりいい女よ。。

勝乃新(大東俊介)はウミガメ館へ・・伊崎光男(温水洋一)

「何事も先のことはわからん、試行錯誤を繰り返すもんよ・・ウミガメだって上陸する浜を選ぶとき、相当試行錯誤をしてるみたいやわ・・」

勝乃新(大東俊介)

「いっぺんみてみたいですわ・・ウミガメが上陸するところを・・」

『ウェルかめ』第22週「海ガメ、浜へ帰る」(3/1〜3/6)
NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』第22週「海ガメ、浜へ帰る」

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』第21週「道に出会えば誰かとつながる」(2/22から2/27)
NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』第21週「道に出会えば誰かとつながる」

第20週「ゾメキ解散!?」(2/15〜2/20)

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』第20週「ゾメキ解散」

第19週「そこに夢がある」(2/8〜2/13)

倉科カナ「デート行きたいなぁ!」
朝ドラ女優・倉科カナ、まだまだ“グラビア活動”にも意欲
クランクアップ間近! 大東俊介が「ウェルかめ」を振り返る
スタジオパークからこんにちは★大東俊介
【ドラマの見どころ!】 緊急! NHKはどこまで倉科カナの“巨乳”に頼るのか『ウェルかめ』
ウェルかめ」倉科カナ&大東俊介がハッピーウエディング! 新郎との初ツーショットに倉科が感動!!

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』第19週「そこに夢がある」

ウェルかめ第18週「これがうちらの波や」(2/1から2/6)
ウェルかめ第17週「早すぎたプロポーズ」(1/25から1/30)

『ウェルかめ』第17週「早すぎたプロポーズ」

『ウェルかめ』キャスト・登場人物

★★★

第16週「シークレット親子」(1/18〜1/23)

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』第16週「シークレット親子」

★★★★

連続テレビ小説「ウェルかめ」

ウェルかめ : NHK 朝ドラ情報

連続テレビ小説「ウェルかめ」
ウェルかめ - Wikipedia
【ウェルかめ】NHK 朝ドラ(朝の連続ドラマ小説)

NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.10〜2010・3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

★★★倉科カナ

Kana Kurashina Blog
倉科カナ - Wikipedia

倉科カナオフィシャルサイト
YouTube - 倉科カナ 「Power of Love」 from サイパン

倉科カナお宝になりそうな水着DVD
NHK朝ドラ次期ヒロインにミスマガジン出身の倉科カナ

NHK来春朝ドラ『ゲゲゲの女房』新キャストに南明奈ら 杉浦太陽が“ねずみ男”に!

★★★

<松下奈緒>8時放送は「切りがいい」 向井理とそろって誕生会 朝ドラ「ゲゲゲの女房」会見

★★★

パラリンピックが開幕=冬季史上最多の44カ国参加〔パラリンピック〕

「NEWS」小山が記者…週1で“弱者の声”取材
【ドラマの見どころ!】 いつになく“輝く”ヒロスエと、龍馬と福山雅治のドMぶりが発覚? 『龍馬伝』
小林麻央を待ちうける厳しい現実
安達祐実、15年ぶり「金をくれ!」 フジ系昼ドラ「娼婦と淑女」会見


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。